2013年10月14日

カジノ合法化

2020年のオリンピック開催地が東京に決定したことを受けて、日本でのカジノ構想が本格的に検討されています。カジノの経済効果は大きく、カジノ合法化に積極的な議員は数千億円の税収が見込めるとみているようです。さらに雇用増にもつながり、オリンピック開催及びカジノ合法化を契機とした日本復興のシナリオが描けつつあります。

<トレーダーとカジノ>
債券王とよばれるPIMCOを立ち上げたビル・グロースもカジノで培った経験をトレーディングに生かしていると言っています。それは、「確率でプレーを考える」、「コツコツと単打を狙う」、「悪いときは降りる」、「トータルで勝てば良い」ということのようです。

<カジノ合法化の前に>
カジノ合法化の前に、合法的にカジノを利用する方法があります。日本では刑法第185条にて、「賭博罪」を定めていますが、これは胴元とプレーヤーが両方とも日本国内に居住している場合に限り罪として成立します。そのため、海外で運営されているカジノでプレーをすることは違法とはなりません。マカオやラスベガスのカジノでのプレーがこれに当たります。一方で、カジノをする目的だけで海外にいくのは旅費などの点を考えると非常に効率が悪いです。交通費や宿泊費分だけマイナスの状態でゲームをすることとなるため、確率的には勝率が大きく減少してしまうこととなります。

<オンラインカジノの利用>
一方、オンラインカジノは、サイト自体は海外で運営されているため法律に関してはその運営元の相手国の法律に準じなければならず、日本の国内法は通用しないこととなります。即ち、カジノを運営することが合法となる国で運営されているオンラインカジノを日本国内でプレーすることは違法とはなりません。

<オンラインカジノの勝率>

カジノの用語でペイアウト率というものがあり、これが俗にいう期待値、期待収益率となります。一般に日本で提供されているゲームは、宝くじであれば約50%程度、競馬などであれば75%程度といわれています。一方で、オンラインカジノは95%以上のペイアウト率、すなわち期待値となります。

95%以上の期待値はすべてをならしたものであり、カジノは人によって上手い下手が分かれます。すなわち、例えばカジノを下手にプレーしているものが80%の勝率となっていればすなわち、100%以上の期待値でプレーしているプレーヤーも存在すると考えられます。すなわち、期待値が100%を超え、カジノで儲けることができます。ビル・グロースなどを初めとして、ギャンブラーとして生計を立てることも一概には不可能といえないということです。

ペイアウト率95%といっても、裏で確率を操作しているのではないかといった懸念もありますが、これについてはカジノ運営元の法律で厳しく取り締まられており、確率操作ができる状況ではありません。確率操作をしてしまえば、免許をはく奪されてしまうためです。ペイアウト率95%で運営していれば、例えば100億円のゲームプレイがあれば、その5%である5億円が収益となる安定したビジネスを捨ててしまうこととなるためです。

すなわち、プレイ人数が多く、大規模で且つ運営の歴史の長いオンラインカジノでプレイすることで100%以上の期待値を狙うことも可能です。下記のバナーからリンクしているカジノは日本人プレイヤーも多く、日本語でのプレイも可能です。最初は無料で試すこともできるので、カジノ合法化の前にプレイするには最適化と思います。


↑今であれば会員登録ボーナスがあるので、トレーダーとしての才能があれば無料分を増やして数億円まで増やせるチャンスがあります。ぜひやってみてはいかがでしょうか。

私も登録してみて、30ドルもらえるかやってみましたが、ちゃんともらえました。
casino.png

また、そのほかにも下記のサイトでも登録ボーナスがもらえます。なお、下記サイトはVISAクレジットカードから直接取引ができるため楽です。


posted by フカン at 22:34| Comment(0) | カジノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: