2013年10月27日

宝くじよりジャックポット

ワイルドジャングルカジノの「EVERYBODY'S JACKPOT」は、誰かがJACKPOTを取得すると、過去24時間以内にプレイしていたほかの人にもJACKPOTの一部がもれなくもらえます。

JACKPOTを当てた人がJACKPOTのうちの70%をゲットし、残りの対象者が30%を山分けというゲームです。毎日プレイしていれば、誰かがJACKPOTを当てれば大きくお金を儲けることができます。つまり、ジャックポットをシェアできます。

今現在、JACKPOTには454,276ドルたまっているようで、日本円にして4,000万円強です。ワイルドジャングルカジノなら30ドルを無料サービスで配っているので、無料登録してJACKPOTの取得権利だけ取得すると、タダで宝くじをもらえるようなものなのでお勧めです。

無料サービスの30ドルをもらうには↓のリンクからたどってください。


ちなみに私もやってみました。200ドルを入金してやってみたところ、何回か大きなあたりが来て、200ドル⇒1,100ドル超となりました。

写真(1).JPG

feaver.jpg

<(参考)日本でのオンラインカジノ利用は違法ではない>
一方、オンラインカジノは、サイト自体は海外で運営されているため法律に関してはその運営元の相手国の法律に準じなければならず、日本の国内法は通用しないこととなります。即ち、カジノを運営することが合法となる国で運営されているオンラインカジノを日本国内でプレーすることは違法とはなりません。

posted by フカン at 02:02| Comment(0) | カジノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: