2014年01月14日

2014年はいつ株を売却すべきか

Seasonally2013.png

seasonally_20130421_2.png

日経平均株価のパフォーマンスを1990年から2013年まで月次で集計しました。
Sell in May、2010年から4年連続で5月に相場が下げており、アノマリーとして5月相場の下落を懸念している投資家が増加しています。特に日銀による追加の金融緩和が4月に打ち出させるとの見方が投資家の間でコンセンサスになってきている状況を考えると、今年も4月の上昇の後、材料出尽くしで相場が調整することも想定されます。4月に消費税増税がなされ、その反動が顕在化してくるのを織り込む形で5月に下げることも想定されます。

それ以降はイベントとしては11月の米中間選挙に向けて相場が動くことに加え、例年通りであれば、9月に相場が下落する可能性が高いと考えられます。この要因は、ファンドの決算が近いことが挙げられます。米投資信託は10月決算が多く、損益通算のために9月頃から株式の売りが生じるためであると考えられます。さらに、ヘッジファンドを中心に解約対策のための現金確保を目的とした換金売りも相場の下押し圧力となります。

情報ソース:Yahoo Finance

↓クリックをお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ


posted by フカン at 23:35| Comment(0) | 投資戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: