2014年01月25日

中国HSBC製造業PMIのインパクト

20140125_中国HSBCPMI.png

2014年1月23日(木)、中国HSBC製造業PMIが発表されました。結果は、市場予想を下回り6ヶ月ぶりに景気の拡大と縮小の節目である50を下回りました。これを発端に新興国のリスクが懸念され、新興国通貨が売られ、円が買われる流れとなりました。木曜日の場中に発表されたニュースにより、日本株は木曜日に下落に転じました。その後、このニュースは世界をめぐって世界株安を引き起こし、投資家のリスクオフ姿勢がさらに勢いを増しました。これにより、翌日金曜日の日本株式市場でもさらに株価の下落が続きました。金曜引け後もアルゼンチンのデフォルトリスクが懸念されたこともあり、さらに円高が進行しています。

過去に中国HSBC製造業PMIが悪化した局面を見てみると昨年の5月もこの指標の発表をきっかけに上昇トレンドにあった日本株は一時的に調整しています。この経験もあり、特に投資家はこの指標に敏感になっているものと考えられます。昨年の推移をみてみると、中国HSBC製造業PMIが50を再び回復したところで日本株は上昇に転じているため、次回の指標の発表に注目が集まります。

↓クリックをお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

posted by フカン at 15:49| Comment(0) | 経済指標
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: