2014年01月25日

中国HSBC製造業PMIのインパクト

20140125_中国HSBCPMI.png

2014年1月23日(木)、中国HSBC製造業PMIが発表されました。結果は、市場予想を下回り6ヶ月ぶりに景気の拡大と縮小の節目である50を下回りました。これを発端に新興国のリスクが懸念され、新興国通貨が売られ、円が買われる流れとなりました。木曜日の場中に発表されたニュースにより、日本株は木曜日に下落に転じました。その後、このニュースは世界をめぐって世界株安を引き起こし、投資家のリスクオフ姿勢がさらに勢いを増しました。これにより、翌日金曜日の日本株式市場でもさらに株価の下落が続きました。金曜引け後もアルゼンチンのデフォルトリスクが懸念されたこともあり、さらに円高が進行しています。

過去に中国HSBC製造業PMIが悪化した局面を見てみると昨年の5月もこの指標の発表をきっかけに上昇トレンドにあった日本株は一時的に調整しています。この経験もあり、特に投資家はこの指標に敏感になっているものと考えられます。昨年の推移をみてみると、中国HSBC製造業PMIが50を再び回復したところで日本株は上昇に転じているため、次回の指標の発表に注目が集まります。

↓クリックをお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

posted by フカン at 15:49| Comment(0) | 経済指標

2014年1月第2週の投資部門別売買状況

20140125_投資部門別売買動向.png

2014年1月第2週の投資主体別売買動向は、外国人投資家が371億円の売り越しとなり、相場は続落しました。一方、個人投資家は1,123億円の買い越しとなりました。企業決算の発表や日銀金融政策決定会合及びFOMCを控えて外国人投資家の様子見姿勢が強まっています。

情報ソース:東京証券取引所
URL:http://www.tse.or.jp/market/data/sector/index.html

↓クリックをお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

posted by フカン at 15:18| Comment(0) | 投資部門別売買状況

2014年01月22日

2014年1月22日(水)のマーケット動向

todaymarket_20140122_table.png
※NYダウ、S&P500種は前営業日終値。ドル円、ユーロ円は本ブログ更新時点

<本日のマーケット動向について>

本日の日本株は続伸しました。
IMFが世界及び日本の経済成長率予想を上方修正したことをきっかけに、景気の先行きに対する期待感が高まり、午後はやや上昇して引けました。その後、日銀金融政策決定会合で金融政策の現状維持が決定され、追加の金融緩和策の期待が後退したことでやや下げる場面もありましたが、結果が市場予想の範囲にとどまっていたため、相場は再び上昇に転じ、前日比約0.3%の上昇と、ほぼ横ばいで引けました。

<本日の経済指標>

13:30:全産業活動指数
14:00:景気先行CI指数
日銀金融政策決定会合

<明日の予定>

08:50:対内・外証券投資
22:30:米新規失業保険申請件数
23:00:米FHFA住宅価格指数
24:00:米中古住宅販売件数
24:00:米コンファレンスボード景気先行指数

todaymarket_20140122_nky.png

todaymarket_20140122_curncy.png

情報ソース:Yahoo Finance

↓クリックをお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

posted by フカン at 23:10| Comment(0) | 本日のマーケット